android用アプリ 野外調査地図のホームページ

入力データ

本アプリでは、inputフォルダ入れたshapeファイル、trkファイル、wptファイル、kmlファイル、kmzファイルを地図上に表示することができます。shapeファイルはGISソフトからのデータ読み込み、trkファイル、wptファイルは主にパソコンソフト「カシミール3D」さん、kml、kmzファイルはGoogleEarthからのデータ読み込みを想定しています。

これらのファイルは、inputフォルダに適当な名前のサブフォルダを作成して、そこに入れてください。

inputフォルダに直接ファイル入れると、起動時に自動的に読み込まれます。ただし、うまく行かない場合があるようなので、サブフォルダに入れる方を推奨します。

読み込み可能なshapeファイルは、世界測地系緯度経度形式のポイント、ポリライン、ポリゴンです。また、バージョン3.7以降ではUTM座標系や平面直角座標系のファイルや、マルチポイントやZ値、M値を持ったファイルも読み込み可能です。

trk、wptファイルは、世界測地系緯度経度十進数標記形式が読み込み可能です。

kml、kmzファイルの対応するタグは<Point> 、<LineString>、<Polygon>、<gx:Track>のみです。

ひとつのサブフォルダに複数のファイルを入れることができます。

1.表示データ

 inputフォルダに作成したサブフォルダのうち、地図表示するフォルダを選択します。

2.表示スタイル設定

 入力データのフォントサイズや線の太さ等の表示スタイルを変更します。表示スタイルはファイル単位またはフォルダ単位で設定できます。ファイルとフォルダの両方で設定されている場合は、ファイルの設定が優先されます。ラベルの値による塗りわけの配色設定ファイルも、ファイル、フォルダ単位で作成することができます。

3.配色設定ファイル編集

 ラベルの文字列の値に従って入力データを塗りわける際の色を設定する「配色設定ファイル」を編集します。配色は、ラベルの文字列毎に個別の色を設定する方法のほか、○○未満、○○以上等の式を用いた段階別配色も選択できます。

4.入力データ全体表示

 表示中の入力データが全て表示される範囲に地図表示をズームします。

5.地物選択モード開始

 地物選択モードを開始します。入力データを表示中の場合、地図上の入力データボタンの背景が黄色になります。

 地物選択モード中は、表示中の入力データの地物(ポイント、ライン、ポリゴン)をクリックすると選択した地物の情報(シェープファイルでは全属性)が表示されます。

地図上の入力データボタンを長押しすることでも、地物選択モードを開始・終了できます。

6.地物選択モード終了

 地物選択モードを終了します。

7.表示データ情報

 表示中のデータフォルダ、ファイルを表示します。

 ファイル名をクリックすると、ファイルに含まれる地物の一覧が表示されます。また、その一覧中の地物のひとつをクリックすると、その地物の位置に地図が移動します。

PAGETOP
Copyright © 野外調査地図 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.