android用アプリ 野外調査地図のホームページ

プライバシーポリシー

  • HOME »
  • プライバシーポリシー

「野外調査地図」プライバシーポリシー

本アプリは利用者の個人情報を含むデータの取扱いについて、以下のとおりとしています。

1.取り扱う利用者の個人情報を含むデータ及び目的
本アプリは、以下の個人情報を含むデータを取り扱います。
アプリが取り扱う位置、ファイルデータ等の情報は、利用者自身によるアプリ上での利用のみに使用されます。
その他の目的での情報の外部への送信、アプリ開発者及び第三者への提供・利用は行いません。

(1)内臓GPSによる位置情報
・地図画面上への端末の位置の表示
・ポイントの記録
・トラックログの記録

上2項目については、位置情報の取得はアプリ起動中にのみ行われます。
トラックログの記録は、記録開始後は本アプリが起動しているかどうかに関わらず位置情報を取得・記録する必要があるため、バックグラウンドでの位置情報の取得を行います。その記録開始はアプリ起動中に利用者によってのみ行われます。
また、トラックログの記録中は、端末の通知領域(画面の上端)に本アプリのアイコンが表示されます。アプリが起動していない場合でも、そのアイコンをクリックするとアプリが起動し、いつでも記録を終了できます。

(2)写真ファイルに含まれる位置情報、撮影日時情報
・写真の地図画面上への表示
・撮影日時による表示する写真の絞り込み

利用者が地図上への写真の表示をアプリに指示すると、メディアストア(端末内の写真ライブラリ。androidのシステムによりカメラアプリ等で撮影した写真が登録されます。)に該当する撮影日時の写真がないか検索します。見つかった写真に位置情報が含まれている場合はそれに基づいて地図上に写真を表示します。位置情報が含まれていない場合は、撮影日時とトラックログから位置が推定できる場合は地図上に写真を表示します。
写真の表示が有効になっている間は、新しい写真が追加されていないか定期的にメディアストア内の写真を検索します。

(3)端末に保存されたファイルデータ
・アプリの動作設定の書き込み、読み出し
・地図画面に表示する地理的データの読み出し
・利用者が作成アプリで作成した地理的データの書き込み、読み出し
・地図タイル、WMSのデータキャッシュの書き込み、読み出し

ファイルの書き込み、読み出しは、本アプリのデータフォルダ内に限られます。

(4)ネットワーク通信
・アプリのベースとなっているGoogleMapの地図データ通信
・地理院タイル等の外部地図タイルの取得
・WMS地図データの取得
・地図画面中央の標高、地名の取得(国土地理院サーバー)、地図画面内に存在する地名・施設等の検索(Googleジオコーダー、Yahoo!ローカルサーチ)

WMS地図データ、画面中央の標高・地名の取得、地名・施設等の検索では、地図画面の表示範囲の緯度経度または画面中央の緯度経度の情報が必要なため、それらの情報を対象のサーバーに送信します。その他の目的、内容の情報の送信は行いません。
また、端末の位置情報の外部への送信も行いません。ただし、現在地追跡モードにして地図画面中央に端末矢印マークがある状態で、地図画面中央の標高・地名データの取得を行うと、その取得のため結果的に端末の位置が国土地理院サーバーに送られます。

2.個人情報を含むデータの取扱いを中止する方法
本アプリによる個人情報を含むデータの取扱いは、アプリをアンインストールすることで中止することができます。

3.個人情報に関する連絡先

本アプリの個人情報の取り扱いに関するお問い合わせは以下にお願いします。

shima_neko3@yahoo.co.jp

PAGETOP
Copyright © 野外調査地図 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.